やる気を維持する方法

長きに渡る受験学習期間。飽きをはじめ模試などの結果に打ちのめされ自信を無くしてしまうことも。しかし、苦しい時こそが踏ん張りどころ。それを乗り越えれば、きっと〝合格〟のふた文字が見えてくるはず。そこで、そんな苦しい時に実践して欲しいモチベーションを上げる5つの方法を紹介します!

《モチベーションをUPする5つの方法》

① より詳細で具体的な将来像を設定する!
単に「○○資格を取る!」だけでは具体性に欠け、モチベーション上げ、維持するほどのやる気は沸いてきません。目標設定が具体的であるほど思い入れが強くなり、やる気が出てくるものなのです。例えば、FPを目指すなら「効果的なライフプランで、周囲の人から老後の不安を取り除く!」など、より具体的な将来像を描くことでモチベーションはグンと高くなります。

②「私は○○になる!」と、周囲に宣言する!
家族や友人、そして恋人にそう宣言することで合格せざるを得ない状況を作ってしまう。つまり、自らを背水の陣に追い込むのです。昔から「火事場のバカ力」というように、追い込まれた時ほど人間は実力以上の力を発揮できるもの。この方法は、完璧主義者や見栄っ張りな人ほど効果的なようです。

③ 目標達成の度に自分にご褒美を与えよう!
人間のみならずあらゆる動物にとって報酬は最大限の行動原理となります。例えば、「今週でこの科目の学習を終わらせる」や「今日の過去問で合格点を取る」などの目標を設定。それを達成出来たら、飲みに行く、撮り溜めしたビデオを観るなどご褒美を与える。この「報酬理論」を活用し、小さなご褒美を積み重ねていくことで、最終的には合格という大きなご褒美を手に入れるのです。

④ 常にデッドラインを設けて学習しよう!
制限時間を設けられた時ほど集中して仕事に取り組めた経験は誰にもあるはず。
そこで、日々の学習やテストでも制限時間を設けて取り組んでみる。これを「デッドライン理論」といい、②の時間制限バージョンといえる方法です。

⑤ 意図的に脳を興奮させる!
実はやる気を意図的に起こすことは可能なのです。これは脳の「作業興奮」という作用を利用するもので、やる気とは脳の側坐核という場所で起こり、そのためにはある程度の刺激と時間が必要なのです。そこで、やる気が起きない日ほど無理矢理学習を始めることで、徐々に作業興奮が起こりいつしか学習に集中させるという脳のメカニズムを利用したもの。騙されたつもりでぜひ!


≪働きながら合格するためには通信講座≫
★高合格率、口コミでも人気の通信教育⇒
★通信教育最大手!みんな知ってるユーキャン⇒



≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

時間がない…基礎知識がない…
そんな社会人が効率よく資格を取得するなら通信講座