多忙な社会人の時間捻出法

どんなに難度の低い資格であれ、初学者であれば最低3ヶ月間を学習期間に費やすことになります。そして、その長きに渡る学習期間でもっとも重要なのが、いかに毎日学習を続けることができるか、ということです。

しかしながら、毎日6時には会社を退出できる人など、公務員でもない限り極めて難しいもの。また、業種によっては出張機会の多い仕事や半年や四半期毎に繁忙期が訪れるということもあるでしょう。しかし、そんな多忙な方でも日々の学習時間は捻出できるもの。このページでは、そんな方にこそ導入して欲しい、社会人のための学習時間捻出法を紹介したいと思います。

《学習時間を捻出するテクニック》

捻出法①:1日に点在する〝スキ間時間〟を有効活用!
いかに多忙な方でも、行き帰りの通勤や昼食時間は存在するはずです。そんな、1日に点在する〝スキ間時間〟を学習に充てましょう。常に鞄の中にテキストやメディア教材を携帯しておけば、通勤で使用する電車やバスの中、そして、昼食後に休憩する喫茶店や公園学習の場へと早変わり。いつでも学習することが可能です。ひとつひとつは数十分単位とコマ切れながら、1週間1ヶ月と続け積み重ねることで、スキ間が立派な学習時間となるのです!

捻出法②:無駄な時間をすべて学習に充てる!
本試験まで残り1ヶ月を切った追い込み期間は、まさに受験の総仕上げ時期。「この時期の頑張りが合格につながった」と多くの合格者が振り返っています。となれば、会社の飲み会やデートなど、多少の犠牲(?)を払ってでもこの時期は可能な限り学習に充てるべき。さらには毎週楽しみにしている漫画やテレビ番組であれ我慢し、一心不乱に学習へ打ち込みましょう!

捻出法③:帰宅後だけでなく起床後にも学習を!
社会人の多くが仕事を終えた帰宅後の学習をメインにしていると思います。しかし、帰宅後は仕事の疲れによる集中力の低下をはじめ食事や入浴などもあり、集中するまでに時間が掛かってしまいます。提案したいのが起床後の学習です。例えば、起床時間を1時間早めれば、その1時間を丸ごと学習に充てることが可能です。また、起床後ならば仕事の疲れもなく頭もすっきりしているため、集中力に記憶力も向上すること間違いありません。帰宅後と起床後の比率を考慮し、効率的な学習スタイルを早い段階で確立すれば、スムーズに学習ノルマを達成することも可能となります! なお、睡眠時間は極力削らないことも重要。脳は睡眠により記憶を整理・定着させているのです。


≪働きながら合格するためには通信講座≫
★高合格率、口コミでも人気の通信教育⇒
★通信教育最大手!みんな知ってるユーキャン⇒



≪ 前の記事へ  次の記事へ ≫

時間がない…基礎知識がない…
そんな社会人が効率よく資格を取得するなら通信講座